ビーグレンは「危険性が高い」⁇ 噂される理由と安全性を調査

当ページのリンクには広告が含まれています。

ビーグレンは攻めの化粧品と聞くけれど、危険性もあるのかしら?

ビーグレンは高濃度美容液を取り扱っているため、危険性を指摘する声も聞かれます。

ビーグレンの危険性について、調べた内容を紹介します。

危険性を噂される理由と現状

噂される理由現状
防腐剤を使用している安全性が確認されている防腐剤を使用
美容成分に副作用がある美容成分は安全とされる規定量の範囲内
肌トラブルの口コミが多い新スキンケア法導入により、副反応リスクを抑えた高濃度ケアが可能

ビーグレンは副反応リスクの低さから、「処方箋要らずのドクターズコスメ」と称される基礎化粧品です。

自分の肌がどんどん好きになるよ。

自然派化粧品を使いたい人には向きませんが、科学×医学の力で肌悩みに別れを告げたいあなたはビーグレンです。

ビーグレンは肌悩み別に6種類のトライアルセットがあり、各1回ずつ試せます。

7dayセットで肌悩みが改善に向かったユーザーが大勢います。

肌悩みが改善されず今の化粧品に迷いを感じているなら、まずは7dayセットから試してみましょう。

\税込1,490円、送料無料、365日返金保証/

b.glen – ビーグレン
肌悩み別 7dayセット

各プログラムを1回ずつ注文できます。

シミ・色素沈着・色ムラ・乾燥くすみ

ホワイトケア

ほうれい線・たるみ毛穴・ゆるみ・むくみ

リフトケア

目尻のしわ・ハリ・弾力・乾燥小じわ

エイジングケア

黒ずみ・テカり・角栓・毛穴のひらき

毛穴ケア

ニキビ・肌荒れ・敏感肌・過剰皮脂

ニキビケア

ニキビ跡・凸凹・粗いキメ・ゴワつき

ニキビ後ケア

青文字から、各プログラムの特設ページに移動できます。

目次

ビーグレンの危険性が高いと噂される理由

ビーグレンは「危険性が高い」は誤解!噂される理由と安全性を調査

ビーグレンが危険と噂される理由は、次の3つだと考えられます。

ビーグレンが危険と言われる理由
  • 防腐剤が使われているから
  • 副作用がある美容成分を配合しているから
  • 実際に肌トラブルの口コミが多いから

順に見ていきます。

〔可能性①〕防腐剤が使われているから

ビーグレンは「危険性が高い」は誤解!噂される理由と安全性を調査

ビーグレン製品には防腐剤が使われているから危険、と考える人がいるようです。

確かに、食べ物もスキンケア製品も、防腐剤が入っていたら、決して嬉しい気持ちにはなりません。

喜んで体に取り入れたいものではないですよね。

〔可能性②〕副作用がある美容成分を配合しているから

ビーグレンは「危険性が高い」は誤解!噂される理由と安全性を調査

ビーグレンは美容成分の副作用がゼロではないから危険、と考える人がいるようです。

ビーグレンの魅力のひとつは、種類豊富な攻めの美容液です。

働きが強い攻めの成分には、副作用も存在します。

美容成分の作用と副作用

Cセラム(ビタミンC)

作用副作用
酸化を抑える
コラーゲンを生成する
メラニン色素の生成を防ぐ
皮脂バランスを整える
乾燥
皮むけ
赤み

QuSomeレチノA(レチノール)

作用副作用
ターンオーバーを促進
ヒアルロン酸の合成を促進
コラーゲン生成を促進
乾燥
皮むけ
赤み

QuSomeホワイト2.0(ハイドロキノン)

作用副作用
メラニンの生成を抑える
メラニンの排出を促す
赤み
炎症
白斑

副作用を危険と考えるのは、当然です。

〔可能性③〕実際に肌トラブルの口コミが多いから

ビーグレンは「危険性が高い」は誤解!噂される理由と安全性を調査

ビーグレンの口コミを見ると、2018~2020年投稿の肌トラブルが散見されます。

ビーグレンの肌荒れ事例
  • 乾燥
  • 皮むけ
  • 赤み
  • 痒み

綺麗な肌になりたくて使ったスキンケアで肌荒れなんて…、怖いですよね。

口コミは、サイトが閉鎖されたり本人が投稿を消さない限り、ネット上から消えません。

過去の口コミから、ビーグレンは危険というイメージがついたのかもしれません。

♢♢♢

ビーグレンが危険と噂される理由は、この辺りにあるようです。

では、ビーグレンは本当に危険なのでしょうか?

ビーグレンに使用されている防腐剤の危険性は低い

ビーグレンは「危険性が高い」は誤解!噂される理由と安全性を調査

ビーグレン製品には、確かに防腐剤が使われています。

防腐剤 使用例

防腐剤安全性使われている
ビーグレン製品
フェノキシエタノールQuSomeローション
QuSomeレチノA
QuSomeホワイト2.0
トコフェロールQuSomeローション
QuSomeホワイト2.0
PGCセラム
ペンチレングリコールQuSomeレチノA
プロパンジオールQuSomeホワイト2.0

確認したところ、使われているのは全て、安全性が確認されている防腐剤でした。

さらにビーグレンは、防腐剤の使用量を減らすために、容器にも工夫がされています。


アルミバリア
チューブ
成分の変質や酸化を防ぐ
5層のアルミ容器

エアレス
ノズル
空気や雑菌の侵入を防ぐ
逆止弁のノズル

防腐剤を使わないと、化粧品は腐ってしまいます。

腐った化粧品と、安全性の高い防腐剤+容器が使われている化粧品なら、使いたいのは後者です。

ビーグレンの美容成分は安全な濃度、危険性は低い

ビーグレンは「危険性が高い」は誤解!噂される理由と安全性を調査

ビーグレンは攻めの美容成分を配合していますが、安全を考慮された濃度です。

例えば、QuSomeホワイト2.0のハイドロキノン配合量は、2.0%です。

これは、「1年間使い続けたら白斑が出る可能性がある」と指摘される配合量(6.0%)の、3分の1です。

1年以上使うと
副作用が出るとされる
ハイドロキノン濃度
6.0%
ビーグレン
QuSomeホワイト2.0の
ハイドロキノン濃度
2.0%

決して、副作用が出るような高濃度ではありません

さらに、公式サイトから購入すると、ハイドロキノンの使用が長期になりすぎないよう、管理もしてくれます。

使用方法を守れば、危険性はありません。

ビーグレンで肌荒れするのは、肌が栄養不足の可能性もある

ビーグレンは「危険性が高い」は誤解!噂される理由と安全性を調査

レチノール反応」という言葉があります。

レチノール反応とは?
ビタミンA(レチノール)によって、肌が過剰に反応する状態を指します。
痒み、乾燥、皮むけ、ヒリヒリするなど。

レチノール反応は、ビタミンAが不足している肌に起こる、正常な生理反応です。

肌に十分なビタミンAが貯蔵されると、レチノール反応も次第に治まっていきます。

肌荒れを起こすのは、栄養が足りていないサインの場合もあるんですね。

ビーグレンは2021年レベルアップ法導入で、危険性がさらに低くなっている

ビーグレンは「危険性が高い」は誤解!噂される理由と安全性を調査

ビーグレンは2018~2020年に、肌トラブルが多く投稿されていました。

ビーグレンは2021年にブランドコンセプトの大幅な舵切りを行っています。

現在は、美容成分の濃度を段階的に上げていくレベルアップ法が採用されてます。

肌に良いものでも、最初から高濃度だと刺激になってしまうんですね。

2021年以降、肌トラブルの口コミは激減しています。

ビーグレンは利用者が多いから、危険性を指摘する口コミも多く見える

ビーグレンの低評価を多く感じるのは、利用者数が多いからでもあります。

下は、ビーグレン公式HPに寄せられたレビュー投稿の総合評価です。

Cセラム 総合評価
ビーグレンは「危険性が高い」は誤解!噂される理由と安全性を調査
QuSomeレチノA 総合評価
ビーグレンは「危険性が高い」は誤解!噂される理由と安全性を調査
QuSomeホワイト2.0 総合評価
ビーグレンは「危険性が高い」は誤解!噂される理由と安全性を調査

Cセラムのレビュー投稿数は、2019年から2023年7月までの4年間で、なんと12,000件近くあります。

そのうち★1~2の低評価は、たった1%です。

多いと感じるビーグレンの悪い口コミは、割合にするとほんの僅かでした。

ビーグレンで肌がきれいになった人の声

ビーグレンは「危険性が高い」は誤解!噂される理由と安全性を調査

ビーグレンは、低評価とは比にならないくらい、効果実感の声が多数あります。

Cセラムで肌の調子が良くなった

ビーグレンは「危険性が高い」は誤解!噂される理由と安全性を調査

Cセラムで肌の調子が良くなった、という口コミです。

肌が変わった

何年もリピートして使っているお気に入りのCセラム。少し高いですが、こちらを使いだしてから、肌が変わり、無くてはならない必需品になりました。使う前までは、たるみ、ニキビ、シミ、くすみに悩んでいました。使い出してからは、お肌の調子が良くなり、ニキビもできにくくなりました。

アットコスメ 35歳|脂性肌

ビーグレン製品で最もリピーターの多いアイテムが、Cセラムです。

ビタミンCは、肌力を上げ、良好なコンディションに導びいてくれます。

その為、特定の悩みにとどまらず、「肌が元気になった」と感じるユーザーが多かったです。

QuSomeレチノAでしわが薄くなった

ビーグレンは「危険性が高い」は誤解!噂される理由と安全性を調査

QuSomeレチノAでしわが薄くなった、という口コミです。

刺激なく塗れた、しわが薄くなった

良いのに出会えた事がなかったレチノール入り美容液。ビーグレンのQuSomeレチノAは、刺激なく塗れます。
使って何日かめの朝、鏡を見て驚きました。くっきりだった眉間や額のしわがかなり薄くなり、一瞬なくなった?って思ったぐらい目立たなくなっていました。
においなどもないし伸びが良いし、QuSomeレチノAと出会えたのは財産だと思ってます。

アットコスメ 40歳|敏感肌

他社メーカーのレチノール美容液は肌に合わなかったけれど、ビーグレンなら使えた!という投稿を、多く見かけました。

レチノール美容液を使ってみたい方は、ビーグレンで試すと良いと思います。

QuSomeローションで毛穴がキュッ

ビーグレンの化粧水が凄い、という口コミです。

ビーグレンは美容液に関心が向きがちですが、実は洗顔料、化粧水、クリームも非常に優秀です。

QuSomeローションは、17時間の持続型化粧水。

スキンケア仕立ての瑞々しさが、ずっと続きます。

\ 7日間体験 特別価格 1,490円(税込) /

/ 送料無料、365日返金保証 \

ビーグレンはこんな人におすすめしない

ビーグレンは「危険性が高い」は誤解!噂される理由と安全性を調査

ビーグレンが、美容液に攻めの成分を取り入れているのは、事実です。

必ずしもビーグレンじゃなくて良い人について、私の考えを紹介します。

肌悩みがない人

ビーグレンは「危険性が高い」は誤解!噂される理由と安全性を調査

肌悩みがない人は、ビーグレンを使わなくてもいいと思います。

値段の割に効果を感じにくいうえ、整っている皮脂バランスを崩しかねないからです。

攻めの化粧品でよく肌荒れする人

ビーグレンは「危険性が高い」は誤解!噂される理由と安全性を調査

強めのスキンケア製品でよく肌荒れする人は、ビーグレンを使わなくてもいいと思います。

「敏感肌だけど、ビーグレンは肌トラブルなく使えた!」という口コミも沢山あるので、必ず肌荒れするわけではありません。

しかし、無理は禁物です。

ビーグレンは低濃度のトライアルセットから始めれば、危険性低い

ビーグレンは「危険性が高い」は誤解!噂される理由と安全性を調査

ビーグレンは、危険性が指摘されるような成分や防腐剤を使っていません。

攻めの美容成分を使っていますが、濃度が低いトライアルセットから始めれば、肌への刺激を抑えられます。

ビーグレンのトライアルセットは、肌悩み別に6種類あり、各1回ずつ試せます。

肌悩みが改善されず今の化粧品に迷いを感じているなら、今すぐビーグレン7dayセットを試しましょう。

\税込1,490円、送料無料、365日返金保証/

b.glen – ビーグレン
肌悩み別 7dayセット

各プログラムを1回ずつ注文できます。

シミ・色素沈着・色ムラ・乾燥くすみ

ホワイトケア

ほうれい線・たるみ毛穴・ゆるみ・むくみ

リフトケア

目尻のしわ・ハリ・弾力・乾燥小じわ

エイジングケア

黒ずみ・テカり・角栓・毛穴のひらき

毛穴ケア

ニキビ・肌荒れ・敏感肌・過剰皮脂

ニキビケア

ニキビ跡・凸凹・粗いキメ・ゴワつき

ニキビ後ケア

青文字から、各プログラムの特設ページに移動できます。

あわせて読みたい
【ビーグレンの真実】7dayセットを使って分かった驚きの事実5つ 私はビーグレンを勘違いしていました。トライアルセットを使って分かったビーグレンの真実を紹介します。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次